学校案内 our school profile

校長あいさつ

Click for English version



本校は明治42年に尾道市立高等女学校として開校し,その後大正10年に広島県立尾道高等女学校,昭和23年に広島県尾道東高等学校と改称し,昭和43年から広島県立尾道東高等学校として現在に至る、本年,設立109年目を迎えた県下有数の歴史と伝統を誇る学校です。
 本校の校章は中心に「高」を配し,鶴が翼を広げた形を図案化したものです。「鶴」はその形から尾道水道が「鶴湾」と呼ばれることに由来しています。鶴が真正面を向き,大きく翼を開き,まさに大空に飛翔しようとする姿は,生徒の力強く前進する姿勢を表現しています。
  校訓を「自主・自律」とし,生徒の自主性,自律性を尊重し,個性と能力を伸ばすとともに,地域社会の一員としてその役割を果たすべく,知・徳・体の調和のとれた人格の完成をめざして教育活動を展開しています。
 平成14年には普通科に「国際教養コース」が設置され,英語教育の拠点校として,外国語及び専門教科英語の学習を通して,実践的コミュニケーション能力を高め,国際化に対応できる人材の育成に取り組んできたところです。
  百年を超えるこの輝かしい伝統の中には,数々の諸先輩,卒業生,同窓生の熱い思いが大きく脈うっています。高校三年間という人生の輝く時期に本校を選択してくれた生徒たちとともに,志を高く持ち,未来の大きな夢の実現に向けて積極果敢に挑戦していきたいと思っています。
  今後とも,「学びの変革」パイロットハイスクールとして,「日本遺産『尾道市』から世界へ!」を合言葉に,地域をこよなく愛し,広島県,日本,そして世界へと羽ばたく生徒の育成に向け,教職員一体となって取り組んで参りますので,変わらぬ御支援と御協力を賜りますよう,よろしくお願いいたします。

校長 倉田 雄司

平成29年4月1日

Onomichihigashi High School尾道東高等学校

〒722-0043
広島県尾道市東久保町12-1
TEL 0848-37-7137
FAX 0848-37-7138
e-mail
onomichihigashi-h@hiroshima-c.ed.jp
アクセス